おかみ(okami)とは

10477594_395336973991825_77762597_n

元:地域おこし協力隊。1976年12月生まれ。京都出身。本名、西河葉子

あだ名は、関金温泉若女将。略して『おかみ』

まちの女将として活動した。

現在は、特産品のわさびに魅せられ『西河わさび』として活動中。

京都の伝統工芸(すだれ・竹細工)がある環境で育つ。

『時代に柔軟に、本当に良いものを伝える』

デザインしたものを楽しそうに語る祖父の姿。

世代、場所を変え、思いを引き継ぐ。

『伝える人』として、

地方にある良いものを、多くの人に届ける方法を模索中。

11011695_371191103077613_8494923327523525064_n

  • 概略

大阪で建築関係の仕事に携わり、マーケティングやライフスタイルの提案支援などをおこなう。その後、地域おこし協力隊として鳥取県に移住する。

  • 前住所地:兵庫県神戸市
  • 協力隊の配置時期:H25 年 7 月~
  • 協力隊になったきっかけ ・鳥取県の友人を訪ねて来鳥した際、心身共にリフレッシュされた。起業を考えていた時期で、選択肢の中に「地域おこし協力隊」があった。鳥取県でも募集していることをで知り、体験ツアーに参加し応募することを決めた。

協力隊としての活動:関金地区の若女将として、観光振興、特産品・地域 資源の発掘と活用、情報発信に取り組む。

(1 年目)・「関金温泉グランドデザイン検討会」(H25 年 4 月~)に参画し、「何か具体的にやってみよう」ということで、「文化祭」を提案。徐々に女性の参加が増え、「セキガネ温泉手づくり文化祭」の開催に至った。

(2 年目)・旧老舗旅館の活用に向けて、母体となる 組織「関金しゃあまけ笑会」のメンバーとして、ハード整備におけるバックアップを行った。また、地域の特産を活用した商品開発を始めた。

(3 年目)・地域特産の「わさび」と出会い、わさびのプロモーションを手がけた。自ら、わ さびを主役にした「わさび丼」を看板メニューに「わさびカフェ」を H27 年 9 月 12 日にオープン。

任期終了後:株式会社西河商店をH28 年 6 月 17 日設立する。

鳥取県の特産品『わさび』の卸売・加工販売を行う。日本の伝統・文化など古くからあるものを新しいカタチとして伝え「日本に新しい物語を」つくり、日本の魅力を守り育てる事業を行う。


7 Comments

  1. 今井 美智子

    こんにちは。西河さん。私は、61歳の主婦です。リタイアして、10月にゆっくり旅行をすることができました。途中、箱根湯本で、多雅重のあらぎりわさびに出会い、たちまちこの美味しさにはまってしまいました。なくなりそうになってきたので、注文したいものの通販はされていません。今朝、NHKで西河さんのわさび販売の放送を見て、是非、あらぎりわさびを作って販売して欲しいと思いました。

    • okami

      今井様
      こんにちは、メッセージありがとうございます。
      返信が大変遅くなり申し訳ございません。
      箱根のあらぎりわさび、とても美味しそうですね!いろいろ挑戦していこうと思っております。
      ありがとうございます!

  2. 河嶋 卓也

    初めまして、大阪府寝屋川市在住の河嶋卓也・61歳です。
    3年間の協力隊、お疲れ様でした^ ^
    私は関金町の堀の出身で、地元のその後の状況が心配でチョクチョク
    サイトをのぞいています。
    1つ、西川さんが心配でコメントをしてしまったのですが…。
    わさびは年間の採れる量が限られていますが、現在の西川商店様の販売方法だと近い将来的に人件費やガソリン等の経費で、動けば動くほど赤字になるような心配を感じてます。
    100%ネット販売とかは計画されてるのですか?

    • okami

      河嶋様
      初めまして、メッセージありがとうございます。
      お察しの通り、西日本有数の棚田とはいえ、量で勝負する販売方法では天井がみえてくると思います。
      今後の展開はネット販売100%ではございませんが、わさびをきっかけに広がりがつくように努めてまいります。
      愉しんでみていただけるように頑張ります。
      アドバイス頂き、誠にありがとうございました。

  3. 河嶋 卓也

    西川さん お返事を有りがとうございます。
    色々と生意気なことや、失礼の数々を お許し下さい。
    山守小学校も廃校になり 関金町の過疎化も中々と止まりません。
    やはり冬場の雪の多さや、降雪による交通の遮断は暮らす人々には かなり厳しく身をもって経験済みです。
    まして、その環境の中で生活し会社経営するとなると大変極まりないと思います。
    観光客の誘致も、温泉地の冬場の交通の便がネックかと思います。
    私もですが 関西在住の人は 冬場に車のタイヤをスタッドレスに履き替えません。
    関西から冬場に関金温泉に行くには、まずスタッドレスへの履き替えが必要になります。
    西川さんも地元に居ながら、冬場はワサビ田に行くのさえ困難です。
    色々と大変だと思いますが、西川さんの若さと 元気さと 溢れる美ぼうで頑張って下さい。
    冬場の運転には くれぐれも気をつけて下さい。
    冬場の走行はATでもセカンドにギアダウンして、エンジンブレーキを最大に効かせて走行して下さい。
    ちなみに私は大阪市内の走行は、周囲の運転が荒いので ほぼセカンドで走行してます。
    色々と取り留めの無いコメントにて、大変に失礼を致しました。
    くれぐれもお身体を ご自愛下さいませ。

    • okami

      こんばんは、メッセージありがとうございます。
      確かに、冬の運転はとっても怖いです。
      運転は苦手なので、今年から冬場は県外営業と商品開発の期間にあてるようにします!

      まだ公開していないのですが、今週は香港で関金わさびが、日本のスターシェフの手によってプレゼンテーションされています。
      わさび田に来られたシェフが、日本の素晴らしいものとして世界に伝えてくれていると思うとワクワクします!!

      それも、これまで寒い冬場も地元の方が地域を支えてこられたからだと思います。
      その日本の素晴らしいものを、子供たちに渡していけるように力を尽くしていきます!

      今後とも、よろしくお願いいたします。

  4. 河嶋 卓也

    毎日 じめじめと梅雨の季節になり
    今年も半年が過ぎました。
    冬場の活動を屋内に専念との事、
    関係者の方々も安心されていると思います。
    有名シェフによる『関金わさび』の料理にて知名度が上がれば 喜ばしい事ですね。
    テレビなどで『大山地どり』の知名度が高まっていますが、関金わさびも それに続いて知名度が高まればと
    思っております。
    西川さんの更なるご活躍を楽しみにしております。

コメントを残す